不用品回収の知識

不用品回収を依頼するのにいくらかかる?料金体系別に紹介

不用品回収にかかる料金は業者によってさまざま

みなさんは不用品回収にどのくらいの料金がかかるのかご存じでしょうか?

不用品回収業者の料金は以下の3つの要素から成り立っており、これらは基本料金として扱われます。

①人件費

不用品回収では、不用品を仕分けしたり、運び出したりする作業があるので、人件費が発生します。人件費の1時間あたりの相場は以下の通りです。

通常の作業:3000円程度
重量物を扱う作業:5000円程度

②車両費

不用品回収では、車両の手配やガソリン代など車両費がかかります。
車両費の相場は以下の通りです。

軽トラック:3000~4000円程度
1tトラック:6000円程度
2tトラック:8000円程度

③処分費

不用品回収をした後は、不用品を廃棄するために処分費がかかります。不用品は一般家庭から出る一般廃棄物と工場などの事業所から出る産業廃棄物に分かれます。

それぞれの処分費用相場は以下の通りです。

一般廃棄物:300円前後/10kg
産業廃棄物:500円前後/10kg

不用品回収業者の料金には基本的に上記の3つの要素が入っていますが、最終的な金額は業者によってさまざまです。

不用品回収にいくらかかるか料金体系別に紹介

では、不用品回収には具体的にいくらかかるのでしょうか?

ここでは、不用品回収にいくらかかるのかを料金体系別に紹介していきます。

不用品回収を依頼する時の料金がよくわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

自治体に回収依頼した場合

家庭ゴミとして出せないものは、自治体に粗大ごみとして回収してもらうことが可能です。

粗大ごみの料金は基本的に200~1000円程度ですが、細かい金額は自治体によって異なります。

回収依頼をする際は、自分の住んでいる自治体のホームページで事前に料金を確認しておきましょう。

ちなみに、さいたま市では、最大の1辺又は直径が90センチメートル以上2メートル未満のゴミが粗大ゴミとして扱われます。

処分料金は1品につき一律550円です。

具体的には、次のようなものが粗大ゴミになります。

自転車、タンス、机、スキー板、ベッド、ソファ、本棚、ストーブ、マッサージチェアー、オルガンなど

ただし、自治体に粗大ゴミとして回収してもらうには、所定の場所まで自分で持っていく必要があります。

あまりに大きいものや重いものを運ぶ際は、自宅まで回収しに来てくれる不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。

基本料金+品目別で料金を取る業者に依頼した場合

基本料金が設定されていて、品目が追加されていくごとに金額が加算されていく料金体系になります。

この料金体系は不用品が1品目の場合でも回収しに来てくれるので、自治体に粗大ごみとして処分することができなかったり、ゴミ処理センターに持ち込めなかったりする方に便利です。

基本料金が設定されていないことがありますが、その場合は品目ごとの料金が高く設定されていることが多いです。

また、品目ごとの料金がホームページに一覧表で提示されている業者もあり、料金がわかりやすいのも特徴です。

例えば、洗濯機とテーブルを依頼した場合の回収料金は次のようになります。

基本料金3000円+洗濯機5000円+テーブル3000円=11000円

ただし、不用品の数が多いと、損をしてしまう可能性があります。

安く済ませたい場合は、事前に処分できるものは処分しておくようにしましょう。

積み放題の業者に依頼した場合

指定したトラックに積み込めるのであれば、いくら積み込んでも金額が変わらない料金体系になります。

そのため、引っ越しや遺品整理など、とにかく不用品の量が多い場合におすすめです。

例えば、不用品買取センターの積み放題プランの料金は次のようになります。

積み放題料金プラン用途
SSパック(5000円)ちょっとした片付けに
Sパック(10000円)1人暮らし程度の片付けに
Mパック(20000円)1人暮らし、1R~1Kの片付けに
Lパック(50000円)家族の引っ越し、1DK~1LDKの片付けに
LLパック(100000円)家族の引っ越し、2K~2DKの片付けに
3Lパック(要相談)遺品整理、一軒家・ゴミ屋敷の片付けに

上記の料金には、搬出作業費・階段料金(2階まで込み)・スタッフ追加料金・車両費・出張費・梱包作業費がすべて入っており、オプション以外に別途料金が発生することはありません。

ただし、不用品の量が少なすぎると割高になってしまうので、その時は自治体に粗大ごみとして回収してもらったり、他の料金プランを検討したりしましょう。

また、トラックの高さ制限を設けていて、それ以上の高さになると追加料金を請求される業者も存在するので、見積もり段階で確認しておく必要があります。

物量やトラック占有割合で料金を取る業者に依頼した場合

不用品の物量やトラック占有割合によって、金額が変わってくる料金体系になります。

そのため、重量に対して小さいものを処分してもらう時におすすめです。

また、できるだけ回収料金を安くしたいのであれば、処分できるものは事前に捨てておきましょう。

積み放題の場合と違って、こちらの料金体系では不用品が少ない方がお得になります。

特に、切って小さくすれば指定の袋に入るような布団や毛布などは、事前に処分することをおすすめします。

ただし、この料金体系は複数の依頼を同じトラックで受けることによって料金を安くするため、自分の近くの地域で依頼がないと利用できない可能性があります。

自分で回収日を設定できない場合もあるので、すぐに不用品を処分したい時は他の料金体系を選びましょう。

他にも不用品回収業者の選び方に関する記事もありますので、是非ご覧ください。

知って後悔しない!不用品回収業者の選び方【まとめ】不用品回収業者に依頼する際は選び方が重要 大量のゴミを処分したい場合は、回収から運搬まですべてやってくれる不用品回収業者を利用...