季節ごとの適切な掃除について

蒸し暑い夏におすすめする掃除場所4選

夏の掃除のメリット

掃除は年末や新生活が始まる春というイメージがあると思いますが、実は夏に掃除をするのもおすすめです。

夏に掃除をするメリットは3つあります。

・気温が高いので汚れが取れやすい
・寒くないので換気をしやすい
・日が長いのでカーテンやラグなど大きいものを干しても1日で乾く

夏におすすめする掃除場所

では、夏には具体的にどこを掃除すれば良いのでしょうか?

ここでは、夏におすすめする掃除場所を4つ紹介します。

年末の大掃除を少しでも減らしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

天井・壁

夏は窓を開ける機会が多いため、場所によっては砂ぼこりや排気ガスなどが入りやすく、天井や壁が汚れてしまうことがあります。

汚れが目立つ場合は、水で濡らしたぞうきんで拭き掃除をしましょう。

高くて手が届かない天井を掃除する場合は、伸縮性のハンディモップを使うと便利です。

キッチン

日々の料理で油汚れがたまってしまうキッチン。

気温が高くなると油が柔らかくなって落としやすくなるので、このチャンスを逃さず夏の間に掃除をするのが最適です。

コンロやレンジフードを綺麗にしたい時は、洗剤を吹きかけてキッチンペーパーを貼り、上からサランラップで覆ってしばらく放置しましょう。

時間がたつと油汚れが浮き上がり、サランラップを取った後に水拭きをすれば簡単に綺麗にすることができます。

網戸

窓を開け閉めする機会が多いので、夏は網戸の汚れに目が行きがち。

特に、網戸はほこりがとても溜まりやすく、放置していると外の空気を取り込む網戸の働きを半減させてしまいます。

新鮮な空気を取り入れるためにも、汚れに気付いたら積極的に掃除をすることが大切です。

網戸を綺麗にする際は、まず網戸を取り外して片側に新聞紙を当て、表面のほこりを掃除機で吸い取りましょう。

次に、洗剤をつけたスポンジを2個使って挟むようにして洗い、水で流します。

最後は乾いたぞうきんで水を拭き取り、ベランダで乾かしておくと良いでしょう。

トイレ

トイレは年中掃除をしなければいけない場所ですが、特に夏はニオイや雑菌の繁殖が気になるところ。

そのため、夏の間もこまめに掃除をする必要があります。

便器部分やトイレの壁は、トイレ掃除用シートや洗剤を染み込ませたトイレットペーパーで拭きます。

また、シンクやレバーも雑菌の温床なので、忘れずに拭いておきましょう。

便器の中はトイレブラシを使ってきれいにします。

黒ずみが気になる場合は塩素系の洗剤を、黄ばみや白い塊が気になる場合は酸性の洗剤が有効です。

どちらの場合も気になる部分にトイレットペーパーをのせ、上から洗剤をかけて20分ほど放置しましょう。

その後、トイレットペーパーをはずしてブラシでこすり、水を流せばきれいにすることができます。

ただし、塩素系の洗剤と酸性系の洗剤は絶対に混ぜないでください。

なぜなら、これらの洗剤の成分が混ざり合ってしまうと、有毒なガスが発生してしまうからです。

成分の違う洗剤を使う時は、しっかりと洗い流してから使うようにしましょう。

捨てるものが多い場合は不用品回収業者がおすすめ

掃除した後は不用品がたくさん出てしまい、処分するのはとても大変ですよね。

家庭ゴミとして処分する場合は、大量のゴミを収集場所まで持っていく必要があり、時間もかかってしまいます。

そんなときは不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者に依頼すれば、大量の不用品を自宅まで来て回収してくれるので、手間がかかりません。

最短即日で回収してくれるので、早めに処分したい時にも便利です。

料金について詳しく知りたい方は、「不用品回収を依頼するのにいくらかかる?料金体系別に紹介」という記事を参考にしてください。

不用品回収を依頼するのにいくらかかる?料金体系別に紹介 不用品回収にかかる料金は業者によってさまざま みなさんは不用品回収にどのくらいの料金がかかるのかご存じでしょうか? ...

また、不用品回収業者に依頼する際は、複数の業者に見積もりをお願いしましょう。

複数の業者に見積もりをお願いすることによって、金額やサービスを比較することができ、自分に一番合った業者を選ぶことができます。

ただし、「こちらは不用品回収業者です」とアナウンスをしてトラックで巡回している業者には注意が必要です。

そのような業者の中には、古物営業許可を持っていない違法な業者も存在しています。

何かと理由をつけて高額な料金を請求される可能性があるので、絶対に依頼しないようにしましょう。